円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第388回

<<   作成日時 : 2012/04/13 08:28   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

「円天・波和二のミラクル・コーチ」 その44 

円天速報
2012年 4月10 日現在DコードnQ加数 14427 本

円天事業計画、その1・その2について判り易いものが出来上がりましたか。

毎年の円天株の売上を倍々に持っていくと、円天の換金率を25%として、10%の円天使用料を(株)円天共同体が貰うという条件下ではどうなるか!・・・という解説です。

@ 円天株の売上を100%としますと
A その年に発行する累計円天の額は200%以内の限りなく200%に近いわけです。
B DコードNo.に発行する円天は160%です。
C (株)円天共同体の毎年の円天発行合計額は、200%+160%=360%で、これ以上の発行はありません。これを全額、25%の日本円に換金に来ると、10%の円天使用料を差引きますから、計算式は100%-(360%x22.5%)となります。360%x0.225は81%です。これが、25%の条件で、日本円と換金に来た時の100%売上からの出金です。従って、残額は19%となります。この19%は、(株)円天共同体に毎年残ります。

毎年2倍の円天株を販売するということは、換金で81%を支払い、残高が19%ある、ということです。

1兆円の円天株の売上では、8千1百億円25%も換金で、1千9百億円が(株)円天共同体に残るということです。
この19%のうちの2%を(株)円天普及会にロイヤリティとして支払い、このお金で(株)円天普及会は運営しているのです。

円天株の売上が1兆円を越えるようになったら、円天・波和二は個人的にその10%以内で日本円の借金をして、「円天基金」に入れて、L&Gグループに出来た、協力金・あかり価格・共鳴金の返済に充当します。生きているうちに、成可早くお返ししたいと思っているのです。

円天株の売上を毎年2倍以上に伸ばしていくと、例え、25%の日本円の換金率を維持していても、出ていくのは81%までなのです。段々と、円天が浸透してきますと、円天同士で取引してくるところも増えてきます。すると、10%ずつ円天使用料が入ってきますから、この分だけ余計に儲かるのです。

やがて、円天で世界中のものが買えるようになると、円天株の株主は、全てを円天で取引するようになりますから、25%の日本円と換金に来るのも減る一方となり、(株)円天共同体には、日本円や世界の通貨は貯まるばかりとなって出ていかなくなります。


2012年1月15日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第388回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる