円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第102回

<<   作成日時 : 2011/06/01 09:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

< 日本のDコード > その1

「納得」が出来れば、本通貨Ⓐの1万円位なら、「投資」してもいいと思っている人は日本国内にも沢山いらっしゃると思います。

「投資話」ですから、リスクも考えておく必要がありますが、丸々損をしても1万円止まりです。
成功すると、最低でも8万円。先着5000名様までなら、8万円+2,254万円=2,262万円になります。

自分が5人の下一段の人を作ることができると、28万円が確定します。
この5人の人もそれぞれ5人の下一段を作ってくれると、50万円が確定します。

1万円出した人が、全員5人の下一段を作ってくれると、その次は、125万円、その次が、312万円、その次は、781万円といった具合に、2.5倍ずつ増えてくる楽しみが生れます。

運の良い人なら、1億円以上も取ることが可能です。

1万円で、但し、1人で1つより取れません。これをDコードbニいいます。1人のDが下一段Dを5人までより作れない、というルールで、これを「5Dシステム」と呼んでいます。5人以上作れる人は、自分の下一段Dの人に空きがあると、そこを埋めることもできるのです。

このDの数を、日本国内では、1000万人まで募集しているのですから、その数まで、下一段以下にDの数を増やすことが可能となります。

1万円位で、そんなチャンスがあるのなら、ファミリーの分も買ってやろうと思えば、下一段Dのところへファミリーの数を埋めることができます。すると下一段のDのそれぞれに新しく下一段Dを5人ずつ作りことができます。

興味が湧いてきましたら、このブログの2月20日から読んで頂きますと、大体が判ると思います。ブログは単行本となって、1ヶ月区切りで出版されていますので、あなたに「円天理論」の本を届けに来た人に尋ねてみて下さい。

これを機会に、このブログを、毎日目を通してみて下さい。そのうち、面白いものを発見できるかも判りません。

配当の入ってくるのは、2015年のことです。まだ、4年以上時間があるのですから、この間に、あなたの下一段以下にDの数がどれほど増えて来るかも判らないのです。

Dの数が、100名以上になりますと、先着5000名様までは、「ロイヤリティ配当」が2口になります。1口が2,254万円ですから、2口で4,508万円入ってきます。

それが、500名まで増えると、合計3口分のロイヤリティ配当を受取る権利があるのですから、6,762万円の配当となるのです。これも先着5000名様までです。

更に、組織が1000名に達した先着Dから、5000名様まで、4口分のロイヤリティ配当が入りますから、9,016万円が入ってくることになります。

1万円で見える楽しみです。5年間は、楽しめるのです。自分の組織の増えていく状態は、やがて円天普及会がサービスで発行する「ソフト」で判るようになってきます。各下段のDの数が判ると、そこから入ってくる「1/2ボーナス」がいくらになるかも計算できるのです。

1万円出して掴める「楽しみ」です。
然も、それが夢ではなく、段々と現実味を帯びてくる筈です。

そうなって来ると、円天理論の本も気を入れて再読するようになり、このブログも毎日読むようになってきます。
4年もの間の時間があるのですから、人間にはどんな変化が起るかも判らないのです。

興味のありそうな人には、「円天理論」の話をして自分の系列下の空きの中に登録させていくのも、楽しみの1つとなってくることでありましょう。

そのうち、本通貨Ⓐの正体も理解できるようになると、Mコードbフメンバー制にも興味を示し出します。もし、募集が始まれば、ファミリーの分も何口かMコードb持つ気持ちになってくるかも判りません。いずれにしても、どんなチャンスも掴まぬことは、未来が時間に乗って現在へとやって来ないのです。

たかだか、1万円の「投資」です。先ず、自分の分だけでも掴んでおいて、考えてみては如何でしょうか。

1000万人もの「D」が、円天理論を採用させる為に行動を開始するようになれば、民主政治が行われている日本国家では、有権者による選挙権パワーによって、「政治」が変り出すのです。


2011年 2月27日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第102回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる