円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第99回

<<   作成日時 : 2011/05/29 09:18   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

< D&Mコードp燒セ会 > その10

人類個々の諸欲望の殆どは、本通貨Ⓐで取引できる世の中のところまで、「政治」によって作ってきたわけです。

だから、誰でも本通貨Ⓐが欲しくなってくるのです。それを世界各国がそれぞれの法律を作ってコントロールしているのですが、益々、人類は本通貨Ⓐを欲しがる傾向にあることは、目撃・体感している通りであります。

そこに、物品販売も生まれ、金融商品の売買も生まれているのですが、いずれにしても、本通貨Ⓐを使わざるを得ないのですから、自分なりに考えて、一番「得」だと思うところへ本通貨Ⓐを使うのです。

この習性を利用すれば、本通貨Ⓐは、いくらでも集まってくるのです。

本通貨Ⓐを使うよりも、円天を手に入れて円天を使った方が「得」だということを、目撃・体感させればいいのですが、本通貨Ⓐと疑似通貨(各種ポイント)は、人類は全員知っているのですから、言葉や議論からでも、理解させることは可能なのです。

それは、将棋を知っている人に、「次の一手」を教えるようなものです。

円天理論の本を、最初から日本のマスコミの担当記者とか、警・検・裁の担当諸官のように、反論の材料として読む人でなければ、円天理論の内容は、誰にも理解され、共鳴部分もいくつか出て来るのです。

このブログを、これからの人々が読んでくれると補充される部分も出てきて、益々共鳴の度合いを高く持って頂くことが出来るのですが、残念ながら、「質疑応答」の機能が備わって無いのです。これを、D&Mコードp燒セ会の担当者で補って頂きたいのです。

ブログもこの状態で読むより、印刷された文章にして読む方が判り易いのです。そこで熱心な人の為に、毎月単位で1冊の本にして出版していくことになります。

そうすると、今日の日付のブログよりも未来の日付のブログも読むことが可能となりますから、何カ月分も早く知ることができますので、その分、理解度も深まります。

円天理論については、「教えたい」ことは沢山あるわけですから、限られたブログの頁数では、不足しますのでその分が翌日廻し、翌月廻しとなってしまうのです。

円天・波和二の肉体が娑婆にある保証があれば、ブログもリアルタイムで掲載できるのですが、現状ではそうもいかないのです。

まして、有罪が確定すれば、少なくとも1年位は、ブログにも掲載できなくなりますから、今のうちに書き溜めしておこうと行動している最中であります。

従って、内容と実際の共鳴者であるDコードbフ持主の人数とに、多少のずれが出てくる可能性がありますが、円天理論そのものが変更されることはなく、あくまでも、国家が円天理論を採用せざるを得なくなるのです。

本通貨Ⓐ一辺倒では、人類の諸欲望を満たしていくことは、とても無理がありますから、いつまでも、人類の欲望を押え続けることは、どの国の歴史を見ても、出来ないことからも、本通貨Ⓐ一辺倒となってしまった世界の政治も変わらざるを得なくなるのです。

とはいえ、世界の人口が69億人を越えた現在に於いて、実際に、円天理論の本が読まれたのは、1万冊弱であります。

然も、最も「風評」の激しい日本国内だけでありますから、共鳴者の数は限りなく零に等しい中からの「5Dシステム」によるスタートであります。

それでも、村松良廣君を現役のリーダーとしたDコードbフ持主は、すでに141名登録されたのです。

各自のDコードbフ持主が、定員の下一段5Dをスカウトしてくれる「5Dシステム」を着実に展開して頂きますと、あと8段階で、1000万人のDコードbフ持主が、日本国内だけでも誕生することになります。

この8段階を達成するのに、どれほどの年月が掛るかという事です。
この間のブログであれば、いくら書き溜めしておいても、通用します。

Dの定員が1000万人に達しなくても、10万人か100万人に達すれば、円天・波和二も、娑婆に出て、リアルタイムのブログを書くことも可能となります。


2011年 2月27日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第99回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる