円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第96回

<<   作成日時 : 2011/05/26 08:36   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

< D&Mコードp燒セ会 > その7

言葉は兵器ではなく、議論は軍隊ではない!いざという時には、言葉や議論では間に合わないのだ!・・・という有名な演説がありますが、意見が分かれた時は、「結果」を行動によって証明する以外に、意見を一つにする方法がないのです。

円天理論に反論する者に対しては、言葉や議論ではなく、「結果」を行動で示すのが、一番の早道であります。

円天理論の本だけで、共鳴者が増えて、選挙権パワーによって「政治」が変っていけば、これに越したことはないのですが、円天理論のことを聞こうともしないで、反論する円天無知も、現実に存在するわけです。

これ等とは、戦いであります。実際に武器を作り、軍隊を作り、「結果」を出す必要もあるわけです。

その為の、Mコードbフメンバー制度でありますから、スタート時から、それなりの軍隊が要求されるわけです。
少なくとも、その国の人口の1%以上の人数が要るのです。

「本通貨Ⓐの正体を証明する!」

これだけのことです。もしかすると、Mコードbフ解説だけで、共鳴者が増えて、一気に国家が、武器と軍隊を作って、行動するかも判りません。

そうなれば、民間企業の円天普及会が、Mコードpァ度を採用するまでもないのです。

D&Mコードbフ説明会で担当者が、本通貨Ⓐの正体を、判り易く解説できると、テレビと同じで、白黒から始めるよりも、どうせならカラーテレビから売り出して欲しいと願うのと同じことです。

本通貨Ⓐよりも、もっと便利なお金がある!・・・という事を、人類は、円天理論によって体感できればいいのですが、その為には、もう少し、深い解説が必要となります。

勿論その役割は、このブログも果たすのですが、ブログは一方通行で、質疑応答は不便であります。ここのところを、説明担当者に補っていただきたいのです。

この世の中には、言葉や議論好きの人種は沢山います。円天理論を聞こうともしないで、本通貨Ⓐ一辺倒の世の中を支持する者も出てきます。

円天理論を聞こうとも、研究しようともしないで、「反論の為の反論」を仕掛けてくる連中は、説明会の担当者は相手にするべきではありません。円天理論の共鳴者の専門知識を高める為にのみ、熱く語っていただきたいのです。

人類は、本通貨Ⓐを自分自身が「損」だと思う方向には使わないのです。「得」だと思う時には、進んで本通貨Ⓐを使うのです。

イソップ物語にもあるように、北風に対しては、外套は外さないのです。太陽に対しては、自ら外套は外すのです。

円天を使う方が得か、本通貨Ⓐを使う方が得かを判らせることは、共鳴者に対しては、言葉や議論でも可能なわけです。

本通貨Ⓐは、円天普及会に渡して、円天を使った方が「得」だという事が、当人が自覚すれば、「会」に本通貨Ⓐを持ってくるのです。

「会」に本通貨Ⓐを持っていくよりも、国家の円天株の購入に、本通貨Ⓐを持っていった方が、もっと「得」だと、当人が自覚すれば、国家に本通貨Ⓐを持っていくのです。

今の時代は、「変動為替相場制」によって、本通貨Ⓐにも、格差が生れておりますが、同じ国の本通貨Ⓐ同志で、25%で交換する人は居ない筈です。

100円の日本円を、わざわざ25円の日本円と交換して使う人など居ないのです。そんな「損」なことは、無知な人より居ないのです。

円天が、日本円と同じように使えるのに、わざわざ、25%の日本円と交換して使う人は居なくなる!・・・と申上げているのです。


2011年 2月27日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第96回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる