円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第7回

<<   作成日時 : 2011/02/26 09:39   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

< 元株「D」コードbフ配当法 >

5冊の円天理論の本を、「立替配本」するのを代償として受取った独自の「コードavには、成功報酬として配当される各種のボーナスの配当を受けられるルールが明記されております。

そのことについて解説をしていきます。

成功報酬ですから、日本国家が円天理論に書かれている内容を、「L&G円天マニフェスト集bW1」を参考にして取上げることがなければ、この配当ルールも絵に描いた餅のようなもの、上場に失敗した未上場株と同じような運命を辿ることになりますが、お金儲けの世界は、「ハイリスク・ハイリターン・自己責任」が建前であります。

1万円で、日本の円天普及会から、5冊の円天理論の本を買い取っていただきますと、独自の「D」コードb差上げます。

この時、「下一段登録申請書」が5人分送られてきます。1人の「D」の方が、5人まで「D」という元株の欲しい人を作ることができます。「D」という元株を買えるのは、1人1株のコードbセけです。

1人とは、企業・法人・団体・個人のことで、国籍・年令・性別は問いません。とにかく、「D」になった人は、5人までは、「下一段」の「D」を作れるのです。

配当ルールが理解されてくると、複数の元株を欲しくなる人も当然出てきます。成功報酬とはいえ、成功すれば、1株が何千万円も配当を受取ることができるのです。それを、1株が1万円で手に入るのです。

同じ元株でも、先着5000名様の「D」のコードbフ配当は巨額となります。この元株位は、L&Gのメンバーとか、波和二の縁故者が購入して置いて欲しいのですがその為に波和二が頭を下げて頼む筋合いのものではありません。

円天理論の本を読み、元株である「D」のコードbノ入る配当さえ判れば、1万円で円天理論の本を購入して、元株「D」のコードb欲しい人は殺到してきます。

裁判でいくら、円天・波和二を詐欺師と決め付けようとも、日本のマスコミのL&Gグループを担当した方々が、「風評」を流そうとも、そのようなものとは関係なく、「D」コードb1万円で取得したい企業・法人・団体・個人は、世界各国で輩出してきます。国籍・年令・性別に関係なく、1万円で5冊の本を購入する人々が、世界各国に設ける出版会社の円天普及会に殺到してくるのです。

お金の使い方を知った人類は、お金が欲しくって堪らないのです。合法・不法に関わらず様々のお金儲けを求めては、殺到していることは、人類は目撃・体感しているわけです。

5冊の円天理論の本を、「D」に1万円で購入してもらうのです。1千万人からの「D」が、それぞれ5冊の本を日本国内の有権者に読ますだけでも、5000万人の有権者が本を読むのです。

1000万人の「D」の方々が、総選挙の時に、本で読んだ「L&G円天マニフェスト集bW1」のマニフェストを実行してくれる政治家を選んで、それぞれの本の読者に、その政治家に投票してくれるように「頼む」と、どのような結果が日本国内に起るか、想定できるでしょうか。

今日は2月26日で、判決があってからまだ4日より経っていないのです。然も、このブログは東京拘置所の独居房の中で、2月8日に書かれたものなのです。まだ、23日の判決も聞いていないのです。

裁判如きで、人は裁けるわけがないのです。2・3年の間に2000億円ほど儲けて見せれば、如何に人が人を裁く裁判といえども、円天・波和二を詐欺師!とは、法律では言えないのです。

円天理論を読めば、共鳴者はいくらでもこれから、日本国内にも出現してきます。

まして、世界各国で円天理論の本が読まれるのです。共鳴者が、共鳴者を呼び始めるのです。この共鳴運動が、日本国内だけでも、1千万人の「D」が核となって始まり出すのです。

それは、2013年か2014年の頃にやって来るのです。そうすれば、成功報酬を受取れるのは、絵に描いた餅ではなくなるのです。「D」コードbノお金が入ってきます。


2011年 2月 8日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第7回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる