テーマ:天命

 「 2010年5月19日 」その9

< NHK殿 >  L&Gに関する取材放映の記録が、2007年9月以降に記録として残されている筈です。 動かぬ証拠です。 円天の事を完全に誤解して報道しています。 関係者の方は、電子図書 http://book.alterat.net/ を読んでみて下さい。  L&G円天マニフェストが、荒唐無稽であるという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その12

<日本円社会> その11 円天市場で欲しいものがあっても、円天が無いと買えないわけですが、円天株の事が判ると日本円を使って買物をする意欲が失われていくのです。 これ等の個人の為に、日本国家は、来年度分を先売りすることになります。 「毎年同額の円天を支給する」という条件を了承する個人には、先売りするのです。 こ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その11

<日本円社会> その10 2年目の⑥の円天株の売上は、44兆円です。 これもすぐに完売です。 上限額を100万円に抑えます。 それでも4400万人で満枠です。 13年間の⑥の売上枠は公表してあるわけです。 金利目的の企業・法人・団体・個人には、円天株は売らないで、消費の為の日本円を使っていた個人を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その10

<日本円社会> その9 1年目に雇用した円天専業員には、12兆円の日本円給料を支給するのですが、これを円天で支給するのです。 1人平均400万円天を支給するのです。 全体で48兆円天です。 給料ですから日本円とも交換出来ます。 75%の換金税を支払っても、100万円となります。 100万円のまま貰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その9

<日本円社会> その8 もし、この20兆円を金貸しから借りると、⑦で支払う20兆円天は、そのまま⑧に持ち込まれて5兆円の金利となってしまうのです。 「毎年同額の円天を支給する」 という条件によって、2年目も20兆円天を⑦として発行し、⑧の換金になっても5兆円が出ていきます。 手元には10兆円より残っていません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その8

<日本円社会> その7 L&G円天マニフェストでは、1年目に、100万人の円天専業員を僱用し、円天市場を運営する者と生産を担当する者とに分けて働いて貰うのです。 その年間の費用を日本円で12兆円、円天市場の運営費に3兆円、円天株の25%支払いに5兆円、合計20兆円を資金需用と考えて、1年目の⑥の円天株の 売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その7

<日本円社会> その6 日本国家は、現実にものを作っているグループと、ものを渡す場所で働いているグループを国家が雇用して、自給自足の国造りに動き出したのです。 今のままの、日本円を主体にした金融システム・流通機構では、日本円が片寄り過ぎてしまって、需用と供給の関係が旨く作用しなくなってしまっているのです。 それは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その6

<日本円社会> その5 日本国家は、日本円を持っている企業・法人・団体・個人・国籍・年令・性別を問わずに、円天株を売りに出します。 1口が1万円から売りに出します。 円天株を購入した株主には、毎年の購入月に、同額の円天を株主の円天口座に振込みます。 円天は電子ですから取扱は簡単です。 振込みは、個人であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その5

<日本円社会> その4 まず、全ての商品の適正な日本円の上代価格を決定し、それを75%で売る業者と買える場所とを用意する必要があります。 そこで全国市町村区に本拠地点となる円天市場を設置します。 いま、日本円でやり取りしている便利な場所は、いずれ小円天市場へと変身していくことを、見越しているのです。 円天専業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その4

<日本円社会> その3 日本円を使っている個人は、“その方法の方が得だ”と思うところへ日本円使っているわけです。 同じ商品なら値段の安いところで買うのが当然です。 次に、入手するのに便利なところです。 便利性から言えば、商店街が便利なのですが、ディスカウント店の方が安いのです。 同じ日本円を使うなら、安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その3

<日本円社会> その2 いま、失業中の個人、自分で儲けて、自分が生活している独立事業主、仲間で団結して仕事をして、生活している小中企業の経営者に対して、日本国家が充分な給料を払ってあげるから、“国家指導のもとで働かないか!”と呼び掛けると、どれ程の応募者・企業・法人・団体がいるでしょうか。 またそれらに支給する日本円給料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その2

<日本円社会> その1 いまの日本社会は、日本円が無いと生活も出来なくされてしまっているのです。 生きていく為には、日本円を使わない事には、欲しいもの、必要なもの、好きなものも手に入らないのです。 お金儲けのプロ集団は、その日本円を上手に吸い取っていくのです。その為に、メーカーも苦しく、小売業も苦しいのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「あかり人生を往く」その1

<警視庁記者クラブ殿> 2007年10月頃のメンバーも交替になって何処かへ転勤されているのでしょうか。 電子図書は是非読んで貰いたいですねぇ。 あの頃、いろいろ質問されましたが、あの時にいくら言っても無駄でした。 円天・波 和二の詐欺の方向での取材だったからです。 取材を離れて読んで見て下さい。鳩山総理に一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「円天理論」 電子図書販売開始!

    円天・波 和二 シリーズ② 人類から貧困・低所得者層を無くそう!      武器はこれに在り     L&G 円天マニフェスト  5年以上の歳月と、600億円以上の資金と、L&Gグループの20名以上の社員の有罪判決の中で完成しました。               神仏よ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

  「円天物語り」その25

一気呵成に、全国津々浦々に円天市場を作り、売れた商品の25%を日本円で支払う。 という制度です。 上代価格の25%を支払ってくれるのであれば、流通業者に10%程度に値切られて商売していたメーカーにとっては、こんな良い市場は無いのです。 然も、そのスケールの大きさといい、日本国家そのものが管理・運営する円天市場ですから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その24

旅行会社は、外国の観光旅客を誘致するのに円天を使います。 航空会社も同様です。 日本国内の円天市場は、世界のどの国よりも品物が豊富に揃っています。 また、街の至る所に円天OK店も出現して来ます。 旅費の100%に相当する円天をサービスに使えば、外国の同業者に負ける事はあり得ないのです。 文明社会が進むほど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その23

全国市町村区に、あっという間に円天市場が出現し、日本国家が日本円を持つ相手に、国境・年令・性別を問わず、電子貨幣・円天を販売するのです。 円天は⑧の条件の通りに、日本円とも換金出来、円天市場の商品は、円=円天の条件で手に入るのですから、「毎年同額の円天を支給する!」という条件を知れば、あらゆる業種、あらゆる個人までも、購入に殺到す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その22

L&G・円天マニフェストを入手されましたか。 ①から②までの意味が判りましたか。 ②③⑥のいずれかが判ると、白紙のL&G・円天マニフェストに数字を記入する事が出来るようになりましたか。 ⑥を2000万円とした時のL&G・円天マニフェストを作れますか。 ②の人数は、毎年1名ずつ増えていって、13年目には13名になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その21

街角円天市場に、魅力的な商品を用意して、円天を売る仕事がL&Gの仕事だったのです。 ABCD甲乙理論がうんと進化したものなのです。 100%のポイントを武器にすれば、商売人の層も助かったのです。 商品者も円天購入します。 投資家でも勿論のことです。 4月30日から始まった円天物語りを、ここまでもう一度読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その20

このブログは、5月19日に掲載されるものです。 今日はどんな日か、知る者だけが知ってくれるわけです。 霊能者が予言(霊視)した日がいよいよ始まったのです。 順調ならば、(株)エル・アンド・ジーの円天市場が2008年から本格スタートしていたのです。 2006年度には、800億円の日本円が、ABCD甲乙理論のままで集…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

  「円天物語り」その19

このブログをご覧いただいている方々は、L&G・円天マニフェストの図表を入手されましたでしょうか。 図表の見方、図表の作り方が判りましたでしょうか。 1年目の②③⑥の数字が決まりますと、その1つが決まっただけで、数字の書き入れていない図表に、L&G・円天マニフェストが数字となって出て来るわけです。 これを完成させるのに5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その18

貿易黒字国の日本国家が、円天市場をオープンすれば、世界中のメーカーが売り込みに殺到する事になります。 生産ロボットが益々精度を増していく時代です。 開発費は別として単純に製品の原価計算だけなら、素人が驚く程の低価格でものが生産されているわけです。 ただ、メーカーには、販売力の無いところが多いのです。 円天の換金率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その17

今の国家運営は、出来るだけ多くの国家予算を組んで、それを国内に放出してあげない事には、景気が低迷するのは、目撃・体感しているわけです。 それには、国家がそれだけの発行貨幣を必要とするのですが、国家にその必要な発行貨幣が上手く入って来ないのです。 それで、消費税を上げよう!という意見も出て来るのですが、国民・企業も含めて、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その16

これからは、段々と円天市場の話を進めていけば、このやり方を無断で利用しようという民間企業も必ず出て来ます。 出ては来ますが円天の事がここまで有名になると、立派な知的財産ですから、波 和二 に無断では使用出来ないのです。 場合によっては、ロイヤリティー契約で使用を許可するケースも出て来ます。 日本国家が使用する場合は、エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その15

このブログは、警視庁記者クラブに所属していた方々も随性で 読まれている方も結構いると思いますが、まさか、L&Gの円天市場の円天とは、販促品として円天そのものを売るものであったことは気付いた人は居ないのではないでしょうか。 ポイント商法は、古くは40年ほど前のブルーチップから始まり、今日の如きポイント流行りの世の中を作り上げているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その14

円天市場が充実すればする程、円天はお金儲けの世界で威力を 発揮して来ます。 そして遂には、為替相場・株式相場・勝負事の世界までも、そっくりそのまま、円天で出来る世界を作り出していく事になります。   昔から、お金儲けや勝負事の盛んなのは、結局、儲けたお金で、欲しいもの、好きなものが手に入るからです。 円天市場が充実すれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その13

円天市場に行けば、世界中の凡ゆる物が揃う状態を、6・7年もすると、優秀な円天専業員の努力によって作り出されることでありましょう。 日本で出来る素材は豊富に出廻り、それを円天で仕入れて、日本円で売る食関係の店舗も増加します。 100%の円天をプレミアムに付けて日本円を儲ける商売が当り前になって来ます。   勿論、働く個人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その12

訴訟審の日取りが決まるまでには、国選弁護人も決まることでしょうから、そうすれば、L&G・円天マニフェストを証拠として提出する予定です。 本来ならば、5月19日の誕生日までに、単行本として出版する予定でしたが、資金提供者が出ませんので、出版は順延する事になります。 L&G・円天マニフェスト生存人間の為に作ってあげたものですから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その11

2007年10月3日に(株)エル・アンド・ジー グループに入った検察・警察の出資法違反容疑を名目とした強制捜査の模様は、マスコミ報道を通じて全国津々浦々まで隈なく報道されたものでした。 この前後に於けるマスコミの私に対する取材は、それは強烈なものでした。 出資法違反だけなら、あのような非道い強制捜査などあり得ないのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  「円天物語り」その10

まず、②③⑥と判りました。 ④は③に対する%で算出出来ます。 ⑤も同様です。 ⑦は⑤+⑥の数字が入ります。 「毎年同額の円天を支給する」という条件に従って、⑤+⑦を累算していきます。 ⑧は⑦の%で数字が出ます。 最初の年の⑤+⑦は20兆円ですから、その25%が⑧の1年目の金額です。 ⑨はその年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more