テーマ:円天

   株主社員の方々へ

 私の あかり天国に出席された方なら覚えている方もいるでしょう。  忘れたら、私の48枚のDVDを今更のように見て下さい。  成功の5要素のこと。 あかり人生のこと。 ローソクの小さな明かりでも、世界中のくらやみに勝ったということ。  これから、いよいよ、あかりとくらやみの戦いが始まるのです。   裁判に勝つ事を…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<123>

<まとめ> すでに、形になったものを真似るのは簡単です。 神仏の創っている人間社会の情景を、紙面を借りて通訳をしてきました。 人類を全員国家公務員として採用し、初任給十万円を支給して、それを金利負担に廻させて、一億二千万円を貸付けして、そのお金を更に国家に預けることによって、同額の一億二千万円天を支給し、生涯現役として国家…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<122>

しかし、このまま法令が施行されたら、それこそ経済界がパニック陥ってしまいます。 円=円天の法令の中で、毎年同額の円天を貰えるということは、金融商品投資していた連中にとっては、金利100%を貰うのと同じことです。まして国家がそれを保証しているのですから、そんな金融商品にも手を出さなくなります。 銀行の定期預金は取り崩され、再び預金する…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<121>

<学習、円天理論誕生> 神仏の創っている人間社会に円天研究会が出来たのは、世界諸国の金融のエキスパートが集まって、価格破壊の問題、株価の時価評価額の操作の問題、為替レートの問題について協議を始めたのがきっかけで、その自由討論(ブレーンストーミング)の席で日本の発言がきっかけとなって円天研究会が結成されたのです。 その時の発言の内…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<120>

円天理論そのものは超簡単です。然しながら人間の知恵では生まれて来ない理論です。 通訳役の波 和二も、そのことを痛感しているのです。 浮かぶ筈のない世界が、実際に夢の中で浮かんだのです。その情景には音声が入っていないのですが、二〇〇五年の夏頃から二〇〇八年の四月まで、その夢を観続けているうちに段々と、ドラマの中の科白が出てくるのです。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<119>

夢の中ではっきりと観えるのは、恐らく人間では、波 和二、一人の筈です。 然しながら、今この本を読んでいる人達には、波 和二の絵が伝染していった筈です。 これが世界レベルで有権者に伝染していった時には、無血革命で、神仏の創っている人間社会と瓜二つの社会が、人間の作っている人間社会に具現するのは間違いないことです。 まず、知らすことの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<118>

①国家が発行している日本円を全部国家に集めてしまう。 ②企業、法人が所有している不動産を全部買い取ってしまう。 ③企業、法人が発行している株式を全部買い取ってしまう。 ④保険会社を吸収してしまう。 ⑤国民を全員国家公務員として採用する。 ⑥国民の生活レベルの最低基準を一億二千万円天まで引き上げる。 ⑦発行した円天を年度末まで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<117>

<こんな事が、人間の頭で考え付きますか> 愛のエネルギーがあれば、人間は世の為、人の為に何かをしてあげたい!という気持ちがこみ上げて来るようになっていることを神仏はよく知っているのです。 物心両面がバランスよく働く仕組みを、神仏の作っている人間社会で実現しているのです。 「頭に浮かぶ絵」 人間の頭の中に浮んでくる絵は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<116>

③円天の電子マネーは、円天市場の頃は携帯電話を使用していましたが、今はすごく便利になっています。 これは機会を見てブログの中で後述します。 ④企業、法人を含めて、国営にしております。何年の間に円天研究会が研究してそのように変更したようです。 ①に関しても、「円=円天」は間違いないのですが、国民全員を国家公務員にして、初任給十万…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<115>

愛とは、まず与えるのです。丁度、種のようなものです。 その種から自然に収穫が出てきます。 母親が子供を育てるような、純粋な愛を国家が国民に注ぐことから始まるのです。 あかり人生を体感しない人達からは、危惧の言葉が出そうですが、それを敢然としてやり通していく若いエネルギーが政治家に求められるのです。 年齢のことを言っているのではあ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<114>

<円天理論、チェック> 有権者が円天理論を政策に掲げる政治家を選出するようになるには、少なくともこの本の事が理解されているべきです。 勿論、政治家も円天研究会のメンバーとして参加していることでありましょう。 円天理論が正しく吸収された有権者なら、一〇〇%投票には参加することになります。 その時期は各国の状況によって時間が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<113>

人間として生まれて成人すれば、誰でもお金が欲しくなります。 円天を介在させれば、人類は誰でも億万長者になれる。すでに神仏が創っている人間社会はそうなっている! こんなことを書いた本ですから、一度は読んでみたい誘惑にかられることは間違いありません。読み終わって「なーんだ」と失望する人も出てくることでしょう。読み始めてくどくど書いてある…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<112>

人類を億万長者にさせるだけなら超簡単です。 俄か金持達の中で、一時的に狂ったような行動を取る連中も出てきます。それを取り敢えず抑えるような心の指導も必要です。 円天研究会の中に、政治家も増えて、オピニオンリーダーも参加してマスコミが円天を介在させると億万長者になれることを報道すれば、有権者は一票を投じる作業だけで億万長者にな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<111>

「未決済のお金は、何も商品を売らなくても、お前の知的財産を商品化するだけで有り余るほどのお金が入って来るじゃないか。」これは波 和二に同宿しているもう一人の自分の言葉です。 キャラクター作品は知的財産です。ミッキーマウス、ムーミン、鉄腕アトム、ウルトラマンetc,巨富を稼いでいます。 ゲームソフトで、年間一兆六千億円の売上をした日本…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<110>

然しながら、 そこに神仏の意図があったのです。現役で円天市場を成功させているくらいでは、遅いと神仏は思っているのです。 七五才にもなった波 和二が、例えば円天市場を世界中に広めることが出来たとしても、神仏の世界でも八年から十年も掛かっているのに、七五才になった波 和二がそれから四つのノウハウを国家に教えて、それを具現させることは肉体…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<109>

設備の方はいくらでも作れますが、肝心の教える側の人材を早急に作る必要があるのです。 宗教家、教育家の中から、それは必ず生まれてきます。 生活に何の苦労もなくなった彼等こそ、元々心の指導者なのですから、宗教の派閥を超えて交流し合い、世の為、人の為に尽力するようになることでしょう。 くらやみの感情が混入した教えは影を潜めて、純粋な愛の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<108>

自己主義、今まで社会からいじめに遭っている国民ほど、社会迷惑な行為をする者が出てきます。 これ等の他に一般社会で公序良俗について理解出来ぬ国民もいます。 円天研究会のメンバーは、それ等に対する処置、予防、教育の問題について解決プランを用意していなければなりません。 これ等については、神仏の創っていった過去形の人間社会の中で参考…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<107>

神仏の通訳者として、沢山の偉人、聖人が人類に純粋の愛のエネルギーの数々を教えているのですが、くらやみの感情が混入したまま文章だけを知識として捉えると、曲解してしまうケースも多々あるのです。 円天研究会のメンバーは、何はともあれ、それぞれの国の国民に一億二千万円を与え続ける仕組みを理論的にも完成しなければなりません。 神仏の指導に従え…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<106>

人類として生まれてきた仲間にお祝いとして、最低限一億二千万円の年収をプレゼントするのです。見返りは要求しないのです。 ホームレス生活をしていた人達にも一億二千万円を生涯にわたって与え続けるのです。 盗人や詐欺師にも、同じ待遇をしてあげるのです。 ヤクザとか暴力団と呼ばれているグループとその家族にも同じ待遇をしてあげるのです。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<105>

愛とはまず、相手に与えるもので、見返りに与えるものでは、見返りを要求するものではないのです。 「ギブアンドテイク」ではなく「ギブアンドギブ」の行動です。 さりげなく、このお坊さんは純粋の愛の行動を説いているのですが、果たして信者にはどの辺まで理解できたのでしょうか。 今の世の中でも、人々はお互いに愛のエネルギーを出し合えば、貧…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<104>

<神仏の大いなる愛-円天> いま何故か、江戸時代のお坊さんと信者の天国と地獄の話が思いだされてきます。 信者「天国とか地獄とか言いますけど、そこは一体どうなっているんでしょうか。」 お坊「地獄にはご馳走が沢山あるのじゃが、喰べる箸が長い上に、時間の決まっているんじゃよ。」 信者「・・・・・・」 お坊「さあお喰べと声が掛…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<103>

<国民と国家> 日本円を発行してから今日まで、貧富の差の原因がこのように金融商品の発達の中にあったのです。 それを、現在の政治国家ではどうすることも出来なかったのです。 くらやみの感情の混入を、どんな職業にも、生活にも、抑える力だけでは防ぎ切れないのです。それは誰が政治家になっても同じことです。いくら総選挙といえども、無いもの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<102>

職業上の身分の上下などある筈はなく、能力の上下には敬意が集まっても、お金の上下には屈服しないのです。 ホテルも当然株式会社の制度取っていますから、国家がホテルを買い取るに当って株価の決定をしますから、1千億円と不動産、動産が評価されたとしても 持ち株数×一株評価格=受取り日本円 という計算によって、それぞれの株主に配当され、更…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<101>

<旅館経営者> 経営者は国営になることに反対する理由はない筈です。自分の家族も含めて従業員とその家族を生涯最低生活水準である年間一億二千万円天の給料を払い続けることなど出来きるわけがないからです。同業他社との客取り合戦から開放され、どのようにすればお客に喜ばれるかについて、全くお金の心配もなく考えるようになります。そこに自然に本当…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<100>

<商店街を支えている経営者> 自分及びその家族、そして従業員とその家族が、最低でも年利一億2千万円天の生活を生涯保障されたのです。 今迄以上に仕事に熱が入るのではないでしょうか。 人生は生き甲斐なのです。誰でも例外なく、純粋な愛のエネルギーを持っています。純粋な愛とは与え続けることで、代償を求めるものではありません。自然にそれ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<99>

<個人資産> 銀行の預貯金、株式の保有、他社への投資、生命保険の掛金等は、自ら申告しなくても、国家が調査して個人に一番有利な方法を取ってくれます。手持ちの日本円は円=円天の法令が施行されてもそのまま使えます。 施工後は、その売上が全額国家の売上となります。その理由は、お金を使った先が全部国営となっているからです。 不動産に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<98>

④経済戦争の原因について説明します。説明するのは円天研究会のメンバーの方々ですよ。 国家が発行するお金を、毎年100%国家が回収することが出来れば、経済戦争が鎮圧されて、国民は平和利用出来ることを説明すればいいのです。 その為には、円天を介在させる必要のあることを国民に納得させるのです。 ⑤次に、お金を儲ける立場にある大企業を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<97>

ここでは、波 和二の意見、考え方も交えて書いております。 ①現在の経済戦争の雄である廉価販売のお株を奪う円天市場をやる必要はないと思うのです。廉価販売VS円天販売では勝負になる筈はないのです。 定価に対していくら割り引こうとしても、定価の八倍円天とでは勝負になりません。 ②国民が国家に日本円を預けると毎年同額の円天を上げること…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<96>

別冊 愛のエネルギー 神仏の創っている人間社会では、お金を道具として活用することを教え、実践することに成功しています。 人間の作っている人間社会では、お金を武器として使い、その為に益々経済戦争が激化する社会を作っているといえます。 ここでは愛について話すことはあまりありません。お金を人間の生きていく為の道具として活用する実践に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

円天・波 和二 ① Enten. Nami Kazutsugi①<95>

然しながら、人々から年末に沢山の賞賛円天を受取ることは、受取る側にとっては大変気分の良いことでありましょう。 この消費円天と賞賛円天の組み合わせによって、いくら沢山のお金をあげても、怠ける者や人に迷惑を掛ける人類は、今の人間が作っている人間社会の人々よりも極端に少なく、従って争い事や裁判沙汰も少なくなるのは当然だと思いませんか。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more