「物心両面教」 第366回

「円天・波和二のミラクル・コーチ」 その22

円天速報
2012年 3月 21日現在Dコード№参加数 13348 本


大口の円天株を購入してくれる相手には、円天事業計画、その1を示して、1兆円の円天売上から始まったとしても、毎年、倍々に円天株が売れていくと、「毎年同額の円天を配当して、円天取扱店で最初は買うものが少なくても、25%の日本円と換金すれば手取りで22.5%になることを教えます。

次に、毎年倍々に円天株を売るノウハウを披露することになって、いよいよ、「5Dシステム・DコードNo.理想型」の出番となるのです。その出来具合はどうでしょう。

①DコードNo.には、8万円天が入っていて、換金するだけで、手取りが22.5%の1万8千円になりますから、これで8,000円がすでに儲かっています。

② このDコードNo.を1人が5人まで紹介するとことが出来て、これを専門的にいいますと、「0段」が5本の「下1段」5D定員を作れるというわけです。この5本のDコードNo.の持主にも、それぞれ8万円天が入っているのです。

③「0段」には、「下1段」に入った円天ボーナスの1/2が入る、というルールがありますので1人の「下1段」から4万円天で、5人ですと合計20万円天が入ります。

④ これで「0段」としてのDコードNo.の役割りは終わります。

⑤ 次は、この5本のDコードNo.の持主がそれぞれ「0段」の立場で5本の「下1段」5D定員を作る権利がありますので、1万円でDコードNo.を買うと、8万円天が入っていて、これで、円天取扱店で「もの」を買うことも出来ますし、買うものがなければ、日本円と換金して使うことも、またよし、なのです。
この時、役割が終わったはずのDコードNo.には、「下1段」に入った円天ボーナスの半分が入るというルールによって、20万円天を受取った「下1段」5Dから、それぞれ10万円天が入りますから、合計50万円天が入ります。

⑥ どのDコードNo.も「0段」の立場で、5本の「下1段」5D定員を作ると、それで役割りが終るのですが、誰でも「0段」の立場でそれぞれの「下1段」5D定員を作り始めますから、すると各下段から、最初のDコードNo.の持主には、このように、2.5倍ずつ増えて、円天ボーナスが入ってくるのです。

2012年1月13日
もう一人の自分と波和二

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2012年03月22日 08:40
今朝テレビの中に良い言葉聞きました!桜は厳しさに耐えて毎年咲いてる。厳しさに耐え思いだけはだんだん強くなっています。あとは行動する力を

この記事へのトラックバック