円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第451回

<<   作成日時 : 2012/06/15 08:41   >>

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

「円天・波和二のブログEI教室」その28

円天速報2012年 6 月 8 日現在
DコードnQ加数 16087 本

“神仏の創っている人間社会”では、日本円を「定期預金」にして、年利100%の円天を与えているわけです。

円天・波和二の円天株は、「毎年同額の円天を支給して、尚且つ、永遠に支給する!」という条件です。
「定期預金」であれば、解約できるが、円天株は解約できないのか!……という質問を頂きましたので、それにお答えします。

円天株は、いつでも譲渡が出来る!……のですから、売ってしまえば、解約も同じことです。買い手なら、いくらでも居るのです。
「毎年2倍の円天株を売る!」

という条件ですから、この人達に売ることも出来ます。買い手は、どの円天株を買っても同じことなのです。
第一に、(株)円天共同体が買います。買ってしまえば、もう「毎年同額の円天の支給」が無くなるのですから、買ってしまった方が「得」ですから、19%の運営費の中からでも買ってしまうことは出来るのです。

円天株の購入者は売らない方が、「得」に決まっているのですが、どうしても日本円が必要になれば、売らざるを得ない事情があったのでしょう。

円天も、最初のうちこそ、円天市場を作っているわけではないですから、日本円や世界の通貨のように「もの」が買えないケースもありますが、段々と円天が豊富に出回ってきますと、業者の方も、円天のままで取引するようになってきて、段々と円天に値打ちが出てきますから、25%の日本円とは交換に来なくなってくるのです。

「この世の中で、値段を付けて取引されている全てのものは、素材と人間の能力で作られたものばかりで、お金で作られたものではない!」

この神仏の啓示が、輝き始めるのです。

「もの」さえ買えるのなら、何も日本円や世界の通貨でなくても構わないのです。電子通貨・円天と呼ばれようが、電子ポイント・円天と呼ばれようが「もの」さえ買えれば、立派なお金として、人類は「得」な方のお金を使って、やり取りするようになってくるわけです。

「毎年同額の円天を支給する!」この条件には、他の金融商品では敵わないのです。人類は、日本円や世界の通貨で円天株を買って、円天を使うようになるのです。

2012年1月23日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第451回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる