円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第417回

<<   作成日時 : 2012/05/12 08:37   >>

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

「円天・波和二のミラクル・コーチ」 その73

円天速報2012年 5月 8日現在
DコードnQ加数  15300本

人類が生きていくうえで必要とされる全ての「もの」は、日本円や世界の通貨で作られたものではないのなら、単に、その「もの」を手に入れるための手段として使われているのであれば、別に、他のお金でも、「もの」さえ買えるのであれば、構わないではないか!

生産ロボットや知的ロボットが格段に進歩して、人類に必要な「もの」は、これらを使って、素材と人間の能力で、いくらでも作り出すことが出来る世の中が来ているのです。

来ているにも拘わらず、日本円や世界の通貨の不足が原因で、「倒産企業・失業者・自殺者・貧困・低所得者層を輩出している!」……のは動かし難い事実であります。

2005年の初夏の頃から、2008年5月までの3年間にわたって、円天・波和二の夢の中に出てきた、「神仏の創っている人間社会」では、日本国籍のある個人は、日本円を国家に定期して、100%の円天を金利で貰って、円=円天の条件の中の経済で生活しているわけです。

1億2千万円に不足する定期の個人には、不足分を年利1%で融資しているのです。

国民を全員国家公務員として雇用して、月給10万円を与えて、それで金利を支払わせているのです。

金利に余る分は借入金の返済に充当させているのです。新生児の時から、10万円の月給を貰っております。これで年利120万円を払っているのです。

支給される100%金利の円天は、1年間だけ有効で、年末に使い残している分は、全部国家が回収して、瞬時に新年度分の1億2千万円天が、各自の円天口座の中に振込まれているのですから、生活には困らないのです。

この「100%定期」は、国民個人だけで企業・法人・団体には認めておりません。

従って、国民は段々と国営企業で働くようになって、全ての企業は淘汰されていきます。

神仏の創っている人間社会では、日本円は定期にされ、円天だけで使用しているのです。「もの」は全て国営で作られています。

従って、「倒産企業・失業者・自殺者・貧困・低所得者層は見当たりません!」

この“神仏の創っている人間社会”に負けない人間円天社会を人間の手で作ってやろうと、2011年10月1日から準備を始めて、いよいよ、2012年7月1日から、それに向かって、スタートすることになります。

どこの時点で、世界の208ヶ国が、これに参加してくるのでありましょうか。

2012年1月19日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第417回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる