円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第390回

<<   作成日時 : 2012/04/15 07:49   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

「円天・波和二のミラクル・コーチ」 その46 

円天速報
2012年 4月10 日現在DコードnQ加数 14427 本

ブログの読者は、「円天事業」なるものを段々と理解されてきたでしょうか。

日本円や世界の通貨を儲けたい人(企業・法人・団体・個人)は、この世の中にたくさんいるわけです。その人達には、とりあえず円天ではなく日本円を差上げて、その日本円を世界の為替レートによって交換して使っても貰えば、そしてそれがよい条件であれば、2012年7月1日から販売する円天株を購入してくれるわけです。

もし、「円=円天」の条件のものを、(株)円天共同体が一般市場に豊富に用意することが出来れば、人々は円天株を買って、円天で買い物をするのは当然ですから、そうなると円天株の販売を目的とした(株)円天普及会は必要ではなくなります。

2つの新設した会社では、どう検討してみても、「円=円天」の条件を備えた品物を豊富に揃えた円天市場を208ヶ国に隅なく広めていくことは無理であります。

L&Gグループのように、円天市場から作っていくことは出来ないのです。

間違いない!・・・と判れば、年利22.5%もあれば、円天株を購入してくれる見込み客は、世界中にいくらでも居ります。

間違いのない株式であれば、それを担保にすれば、年利7%〜10%の間なら、いくらでも融資してくれる金融機関なら208ヶ国にいくらでも存在します。

優良な国債なら、年利2.5%でも買い手があることからも、この事を物語っているわけです。

円天事業計画を見せて、円天の日本円の換金率を示し、これを維持していく為には、スタート年の円天株の売り上げを、毎年倍々に増やしていくことが出来ると、25%の換金率であっても、その年の売上を100%とした場合は、日本円で全部換金したとしても、81%で済んで、19%は運営費に使えるのだから、
「毎年2倍の円天株の売上は確実にできる!」
ということさえ、円天株の購入見込み者に納得させればいいわけです。

この役割の担当が(株)円天普及会であり、EIの方々であり、それを指導する役はかく言う、円天・波和二なのであります。

2012年1月16日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第390回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる