円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第363回

<<   作成日時 : 2012/03/19 08:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「円天・波和二のミラクル・コーチ」 その19

円天速報
2012年 3月14 日現在DコードnQ加数 13098 本

円天株の購入者は、「毎年確実に同額の円天の配当がいつ迄も続いて、その円天で、円天事業計画、その1の通りに、日本円と換金が出来る!」ということを納得させると、この条件だけで充分に満足して、円天株を購入してくれるのです。

ところが、円天株には「DコードNo.購入権」というものが、円天株の10万円に対して1本の割合で付いているわけです。

フルコミッション・ビジネスの「営業部」の方々が、この点の説明を充分にしないと、誰でも、このDコードNo.に発生する円天ボーナスを消費者の立場で使ってしまいます。

実は、このDコードNo.とは、円天株を毎年倍々以上に販売していく為の「営業費」であって、円天株の購入者が円天株の配当と同じ感覚で、消費するものではない!・・・ということを充分に理解して頂く必要があるのです。

その為にも、「5Dシステム・DコードNo.理想型」の円天ボーナスとロイヤリティ配当の事を、円天株の購入者にも判り易く解説する必要があるわけです。

この図表をどこまで判り易く作れるか、否かによって、(株)円天普及会の「営業部」の成果に響いてくるわけです。

村松良廣君を第1号のEIとした、EIの方々は、全員協力して、素晴らしい「5Dシステム・DコードNo.理想型」を作り上げて下さい。

もしかすると、円天株の購入者も、自分も「0段」となって、DコードNo.を販売したい!・・・と言い始めるかも判りません。
あなたの説明が上手なほど、そうなる確率が高くなってきます。

仮に、1,560万円の円天株を購入したとしますと、156本のDコードNo.を使えるのです。これをルール通りに並べると、「0段」1D、「下1段」5D、「下2段」25D、「下3段」125D・・・といったように、5Dシステム・DコードNo.理想型の「下3段」までが埋まってしまいます。この156本のDコードNo.を円天株の購入者の名前にして登録しますと、これは、DコードNo.を消費者使用した!・・・という判定となるのです。

2011年10月1日から2012年6月末日までの10万本のDコードNo.と、2012年7月からのDコードNo.の売り方は全然違ってくるのです。

2012年1月13日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第363回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる