円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第130回

<<   作成日時 : 2011/06/29 09:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

< 円天株の話 > その10

 人類が、日本円や世界の通貨を使って手に入れている殆どのものは、自分の力だけでは手に入らぬものばかりです。

 結局、お金を払って手に入れるより方法が無いのです。
 プライドのある人類は殆んどが、日本円なり世界の通貨を使って、ものを手に入れているのです。それが一番「得」な方法であると本人自身も納得しているのです。

 鰯は海では、只で泳いでいるのは知っていても、都会で暮らす主婦が1匹100円で売っていても、500円で5匹を手に入れた方が「得」だと、自分に納得して買うのです。

隣の店が50円で売っているのを知れば、勿論、50円の方で買います。

 円天株のことを知る人類であれば、「円=円天」の条件で売っていれば、円天で買うのは当然のことであります。

 円天は、25%の日本円と換金します。

 といえば、円天市場に出展する民間の企業・法人・団体・個人はいくらでも居ます。

 大問屋とか、量販店本部へは、定価の10%前後の日本円で卸しているのが普通ですから、25%の日本円手取りは魅力があります。

 大量に売れるのが判れば、出展者は次々と現われてきます。

 1・2年の間は、業者は、25%の日本円手取りの損得勘定での取引を考えているのですが、段々と、或る事に気付いてくるのです。

 「或る事」とは、「円=円天」という条件のことです。「100円=25円」の条件で初めから売っているのではないのです。

 円天市場に出展されている全てのものは、日本円を使う側に廻れば、100円天とは、100円と同じように使える!・・・ということに気付くのです。

 ディスカウント商法で、25円で手に入れた日本円は、使う時も当然25円でより使えないのです。
 ところが、100円天は、100円として通用する、ということを気付くのです。

 円天市場に日本円で買えるものが、円天でも買えるように揃っていれば、円天のままでも取引できるわけです。
 業者間の売買でも、円天のままやった方がお互いに「得」なことが判るのです。少なくとも、4倍は「得」をするのです。


2011年 6月10日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
円天川柳君 ツイッターであれこれ書かず、ここで書きなさい。
円天川柳君へ
2011/06/29 17:05
なぜ川柳をここで書かぬ?
円天川柳君へ
2011/06/29 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第130回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる