円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第124回

<<   作成日時 : 2011/06/23 08:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

< 円天株の話 > その4 

 「受取る立場」

 今日は、日本円や世界の通貨を受取る立場から、円天株のことを考えてみましょう。

 住宅ローンの会社が、円天株を発行すると毎年同額の円天を支給して、その円天で決裁したことになるのですから、30年ローンも1年分で済んだことになってしまいます。

 寿司店も、円天株を発行すると、円天を持ってきたお客からは、お金が入ってこなくなりますから、仕入分だけ赤字となってしまいます。自店で円天株を発行するのが無理です。

 同じことが、企業・法人・団体・個人にも当嵌るのです。自分の力で円天株を発行するということは、段々と赤字になっていくのです。1回目の売上の利益を吐き出しているわけで、ディスカウント商法と同じで、然も、生涯又は廃業まで、同額の円天サービスなど出来ないのです。

 使う側からすれば、円天株制度は有難いのですが、儲ける側から見ると、損なように映るのです。折角の儲けを、吐出すばかりでなく、段々と赤字そのものとなってしまうのですから、円天株付きで商売をする人などいないのは当然です。

 全てが、簿記学の損得勘定にマインドコントロールされている証拠です。

 この世の中で作られるものを、全て日本円や世界の通貨で取引されているのに、すっかり習慣付けられてしまった結果から来る考え方なのですが、それを常識であり、当然であると、人類は文明社会を生きているのです。

 自分で作った円天というお金を、自分のところだけで通用させているから困るのです。
 他で作られたお金(日本円や世界の通貨)で貰うのなら、困るどころか儲かるまであるのです。

 円天株の発行元が別のところにあって、この円天が日本円や世界の通貨と同じように使えるのであれば、円天で買いに来てくれるのは、大歓迎なのです。

 お金を使う側は、円天株はどこから貰っても構わないのです。「通貨=円天」の条件で通用するのであれば、問題はないのです。


2011年 6月10日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントの認証に、時間が、かかり過ぎていませんかaaaaaaaa
初日は、コメント認証が早かったのに・・・・
どうして・・・・```
ディベートが、盛り上がらないょ・・・・寺
投稿読者
2011/06/23 10:52
鳩山あかり男さんへ
もっと空気を読んで下さい。あなたと秋田の高島さんが書き込むとブログの品格が落ちます。お願いですから、書き込み遠慮願えませんか?

村松良廣
2011/06/24 06:22
L&G破綻後、埼玉で初めての常設円天市場を開店すると公言していましたが、いまだに確認できません。

あきらめたのか、現在も準備中なのか教えてください。
心より応援しています。
埼玉鳩山あかり男さんへ
2011/06/24 06:49
私も鳩山あかりさんを応援します。
八王子
2011/06/24 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第124回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる