円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第118回

<<   作成日時 : 2011/06/17 08:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

< 円天Ⓑ効果 >

円天理論そのものは、難しいものではないのです。本通貨Ⓐの正体さえ判れば、円天Ⓑの普及のやり方は簡単です。

本通貨Ⓐで今迄のように使わずに、一旦円天Ⓑに替えてから円天を使うようにする!・・・という理論ですから、円天Ⓑの使用方法さえマスターすれば、取引は簡単で、まして電子ソフトが発達した今日を生きる人々にとっては、問題は無い筈です。

ただ、円天Ⓑの発行は、誰にも目撃・体感できる程に、一度に大量の円天を発行しない事には効果がないのです。
スタート時より、円=円天の条件で、日本円と同じように円天で取引できるものを、円天市場に用意する必要があるのです。

その点を考える時、国家ならそれを用意する「力」を充分に持っているのですから、最初から全国に円=円天の円天市場を国営でオープンする事も可能であり、民間企業も、民間の円天市場に参加させることもできますから、最初から円天Ⓑでも取引出来ものが数多くあるのです。

国営の円天市場には、円天専業員を最初から配属させることもできます。
日本国家の場合は、円天株の売上を、

1年目は  20兆円
2年目は  44兆円
3年目は  80兆円
4年目は  130兆円

といったように販売していきますから、一般市場でも、円天市場が目立ちます。(L&G円天マニフェスト集bW1参照)

最初から、円天Ⓑでも沢山買えるものがあることを、円天Ⓑの使用者にも、それを受取る円天市場の業者にも、目撃・体感させることによって円天を25%の日本円と換金するよりも、円天のままで取引した方が4倍も「得」である!・・・という事を自覚するようにさせると、国家には本通貨Ⓐが貯まって、仮に、「働く者」に本通貨Ⓐの給料を与えても、円天株を購入して円天を使った方が「得」ですから、給料日に本通貨Ⓐを払っても円天専業員は全員それを円天株の購入の為に使うのですから、国家には、本通貨Ⓐが貯まるばかりで、出ていくのは円天だけとなるのです。

この状態を早く作る為には、円天を使う人口を一気に増やし、全てのものを売っている日本円専門店を円天市場に参加させることにあるのです。

然も使われる円天が、国営円天市場が主体となるように、13年間計画を立てているのです。

今は、円天普及会も始まったばかりで、Dの数も少しですが、Dの数が増え、円天理論が沢山の有権者に読まれ始めると、有権者の頭の中にも、円天理論のことが浸透していくことになります。

働いて得た本通貨Ⓐを国家に持っていくと、国家が国民の代わりに、「利殖」を手伝ってくれる世の中が出来上がるのです。

民間の「利殖法」は、ハイリスク・ハイリターン・自己責任ですが、国家の「利殖法」はノーリスク・ハイリターン・心配無しですから、誰でも、本通貨Ⓐは、国家に持っていって「円天株」を購入するのです。

「人類の頭の中に、天然色を帯び、立体観を持ち、活き活きと動き出したものは、必ず世の中に具現する!」・・・のです。

人類の人口の8%ほどの人が、Dコードb取得して、円天理論の浸透に尽力してくれる時、この世の中から、お金の問題の殆どが解決することになります。

8%の人々(企業・法人・団体・個人)が、1万円を均一「投資」してくれるだけで、「有史以来人類が果すことの出来なかった貧困者零の世の中を作ることができるのです!」

「求める!ばかりではなく、やってあげる!価値があるのではないでしょうか。例え、後期高齢者といえどもです!」


2011年 3月4日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第118回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる