円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第113回

<<   作成日時 : 2011/06/12 08:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

< お金は、いつまでも >

人類の肉体に遺伝子というものが存在する限りは、「お金」はいつまでも生き残っているわけです。
文明が進歩、進展していく限り、「お金」が益々人類にとって必要不可欠のものとなってくるのであります。人間に「欲望の感情」が無くならない限りは、お金は続いていくわけです。

人間個々の諸欲望は、益々複雑多岐となり、それを満たす手段としてのお金の役割は益々重要となってくるのです。

もし、本通貨Ⓐ一辺倒で政治を続けていく限り、「貧富の格差」が拡がるばかりでありましょう。格差が限界に達した国内では、「革命」が起ることになります。

これを未然に防ぐ為には、本通貨Ⓐの他に円天Ⓑを加えた「お金」の制度を作る必要があるのですが、何も本通貨Ⓐを無くしてしまうという事ではないのです。

目的はあくまでも「貧富の格差」を無くすことにあるのです。
人類の「欲望」を不当に抑え付けると、時代を越えて、戦争や争い事が絶えることはないのです。

人類は、本能的に、自分の「損」となることはしたくないのです。勿論、その反対のことも言えるのです。
本通貨Ⓐを命の次に大切と生きている人類は圧倒的に多いのです。

この本通貨Ⓐを使わないと生きてはいけない世の中を「政治」によって作られているのですが、この考え方、習慣を別に変えさす必要もないのです。むしろ、その習慣を利用した方が楽なのです。

本通貨Ⓐさえ与えると、少々嫌なことでも、「働く」ような風習・習慣が出来上がっているのですから、これは活用すべきなのです。

本通貨Ⓐさえ与えると、いくらでも「働く」のです。現在でも、このエネルギーを利用して、この世の中で、本通貨Ⓐの値段を付けて取引されている全てのものを作らせているのです。

この習慣をそっくり活かすのが、円天専業員制度であります。
適材適所で、その人の能力にまかせて、好きな素材を使って、好きなものを作らせておけば、人類はそれを、お金を使って手に入れるのです。

そのお金が、本通貨Ⓐか、円天Ⓑか、という違いだけであります。

国家は、円天専業員には、国家が発行している円天を全て回収するように「働かせる」のです。
方法は問わず、毎年発行する円天を全て、回収させるのです。

国家の発行した本通貨Ⓐは回収する必要が無いのです。いくら給料を払っても、円天Ⓑを購入するのに、本通貨Ⓐを自分の方から進んで持ってくるからです。

円天を手に入れた業者も、わざわざ「損」となる本通貨Ⓐと換金には来ないのです。

円天専業員としてなれない人(企業・法人・団体・個人)でも「もの」を取引する時は、本通貨Ⓐで円天株を購入してから、円天を使うのは当然でありましょう。

何しろ、円天株は、個人であれば生涯、法人・企業・団体であれば、廃業するまで、円天を貰い続けることができるのですから!

世界の人類は、この円天理論については殆んどが「無知の状態」であります。
日本国発で、円天理論の本を売りに出して、まだ半年も経っていないのですから、読んだ人は1万人程度なのです。

「人類の頭の中に浮かばぬ絵は、この世の中には取出すことはできない!」・・・のです。

だから、日本発で、円天普及会がDコードbサービスして、「5Dシステム」を使って、世界中の人々に1人でも多くの人に、1日でも早く、読んで頂くことからスタートしたのです。

1人のDの方が、5人の有権者に読んでいただく運動です。願がわくば、この5人の方も全員、下一段登録申請書に適法に記入して、Dコードb取得して頂きたいものです。


2011年 3月3日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第113回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる