円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第78回

<<   作成日時 : 2011/05/08 09:51   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

< 損得勘定は、相手が決めるもの > 

上代価格の25%で自社製品が大量に売れるという事を目撃・体感すれば、薄利多売をやっている大手メーカーでも、円天市場に参入してきます。

ところが、段々と円天市場にものが増えて、本通貨Ⓐと同じように、何でも円天で買えるようになると、メーカーも小売業と同じように自社製品を上代価格で売っているのと同じ体験をすることになります。

円天市場で円=円天の条件で売れるのに、小売業者を使う必要もないのですから、上代価格に含まれている流通マージンをメーカーが独り占めして、ものを売っているのと同じことですから、円天売上をわざわざ日本円とは交換しなくなって来るのです。

ブログの読者には、円天・波和二の言っていることが理解できますか。

日本円の売上は、その日本円をそのまま使って、何でも手に入るのです。

円天市場が充実すれば、円天の売上は、そのまま、日本円と同じように、何でも手に入れることができる!・・・と申し上げているのです。

円天で売れても、手にした円天で買うものが無ければ、25%の日本円と交換してでも使わなければ仕様がないのです。

ところが、円天市場が充実して、日本と同じように何でも買えるのなら、円天のままで使うようになる!・・・というのです。

本通貨Ⓐの商売では、メーカーは大問屋やディスカウントチェーン店の仕入部には、上代価格の10%前後の本通貨Ⓐで取引しているのです。

この10%の本通貨Ⓐを使って欲しいもの、必要なものを手に入れていたのです。ところが、円天は、円=円天の条件で、上代価格でも売れるのですから、100%の本通貨Ⓐを使えるのと同じことが起るのです。

これが、一気に円天市場を充実させる必要がある!・・・と申上げている理由です。
日本国内でも、少なくとも円天会員コードbフ持主が、100万人以上は必要です。

これだけの消費者が、円天を使うのなら、最初から、円天市場に参加してくる人々(企業・法人・団体・個人)は増えるのですから、品揃いも豊富となり、相乗効果となるのです。
これは、各国とも同じことであります。

では、どうすれば、100万人以上の円天会員コードbフ持主を集めることができるか!・・・ということです。

この世の中には、良いお金儲けがあったらやりたい、と考えている人と、少しでも有利な条件で、ものを取引したいと考えている人とがいるわけです。その殆どが、1人で2つの望みを持っているといえます。

そこで「4Dシステム理想図」を一般公開したのです。

1万円の投資で掴めるビッグチャンスです。誰でも説明を聞けば、「納得」して、円天会員コードb入手する筈ですが、中にはそんなに旨く行くだろうか?・・・と疑念を抱く人も出てくるでしょう。

「ブログ」の表題も、2011年2月20日から「物心両面教」と変更したのです。それまでは、「ブログあかり天国講座」だったのです。

日本の警・検・裁の担当諸官に、円天・波和二とその会社L&Gが、「組織詐欺集団」と決め付けられて、円天・波和二も、懲役18年の実刑です。明日は23日ですから、高裁の判決がありますが、似たり寄ったりの判決となるでしょう。

幸いなことに「殺人罪」ではなく、「詐欺師!」と決め付けられているだけですから、1,000億円か、2,000億円を儲けて見せると、「詐欺師!」とは呼べなくなるのです。

3・4年のうちに、儲けて「結果」を示せば、「日本の法律では、円天・波和二を詐欺師として、いつまでも刑務所へは入れておけなくなるのです!」

大きなお金を儲ける為には、個人では駄目で、組織の力が必要です。
2011年1月1日から、「詐欺師じゃないよ!」と、結果を見せるのに動き出したのです。これが、Dコードbニ、会員コードbフ話であります。


2011年2月22日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第78回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる