円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第87回

<<   作成日時 : 2011/05/17 08:43   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

< 本通貨Ⓐの正体 > その1

ここで言う本通貨Ⓐとは、日本円・米国ドル・ウォン・人民元・ユーロ等々の各国で使用されている通貨の総称であります。

働く人々は、本通貨Ⓐを給料として貰って、働いているわけです。これ等の人々の能力を使って、素材を利用して様々のものを作らせているのです。この作ったものに、本通貨Ⓐの値段を付けて取引しているのが、世界の国々の常識であり、習慣であります。

人々の欲しがるもの、必要なものは、素材と人間の能力で作られたものばかりで、本通貨Ⓐで作られたものではない!・・・この考え方を肯定したところから、円天理論が誕生した!・・・ということは、このブログでも何回も申しあげております。

本通貨Ⓐを使って、人を働かせて、人類の必要なもの、欲しいものを作らせておいて、その必要なもの、欲しいものを、本通貨Ⓐではなくても、他の通貨Ⓑ(円天)でも手に入るような仕組を作っても構わない!・・・という理論も成立つのであります。

Ⓑ(円天)を使った方が、本通貨Ⓐを使って取引しているよりも、遥かに「得」であるという実際を作ることに成功すれば、その成功させた者(国家又は民間)のところへ、本通貨Ⓐを持って来て、Ⓑ(円天)と交換して使用するようになるわけです。

人は、本通貨Ⓐを使う時は、「損」なことには使わず、「得」だと自分自身で納得した方面で本通貨Ⓐを使って生活しているのです。

円天理論の本は、国家がやる場合のことを、日本国家を例にとって、「L&G円天マニフェスト集bW1」で解説しているのです。

それを成功させるためには、Ⓑ円天の発行額を一気に増やして、円天市場を充実させ、その為に円天専業員も大量に雇用して、本通貨Ⓐの給料を与えて、必要なもの、欲しいものを大量に作らせて、13年計画で、誰でもがⒷ円天を使って生活する世の中を作っていくことを提案しているのです。

国家がその事をやり易いように、民間企業のL&Gグループを率いて、円天と円天市場を作り、円天・波和二が、2005年から、2007年10月3日まで、リーダーとして実践していたところへ、円天無知の警察・検察による、一斉搜査によってL&Gグループは全壊させられてしまったのです。

この民間企業による、円天・円天市場を、円天・波和二では年を取り過ぎて、現役のリーダーは務まりませんので、「教える」立場に徹して、Dコードbフ基礎作りを成功させた、村松良廣君を現役のリーダーに仕立てて、再現しようというわけです。

その為には、円天理論に共鳴したDコードbフ持主が「核」となって、0段の村松良廣君を補佐しながら、「4Dシステム」を使って100万人ほどの、Mコードbフ持主を作っていただくわけです。

100万人以上のMコードbフ持主が集まらぬことには、一気に、円天の価値を本通貨Ⓐ(日本円)並に価値を持たせることが出来ないのです。

従って、100万人に達するまで、Mコードbフ持主であるメンバーは、1万円の払込は行わず、仮申し込みの状態で「4Dシステム」を作っていくことになります。

この間に、円天市場の参加者も募集していきます。この募集者の人々も、これを契機として、このブログを見てくれるでありましょうから、円天・波和二の「教え」も理解できてくる筈であります。

円=円天の条件とは、売上げた日本円はそのまま使用できるのです。当然、円天もそのまま使用できる条件まで、円天市場を充実させる必要があるのです。円天市場に参加する業者に、25%の換金後の状態でのことを考えさせているうちは、円天普及会の力不足というわけです。

段々とこれ等の事が、「教え」によって理解者が増え、共鳴者が共鳴者を呼ぶようになってくるのです。


2011年 2月25日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第87回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる