円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第86回

<<   作成日時 : 2011/05/16 09:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

< 円天・円天市場とメンバー > その2

「会」が頑張って、円天で円天市場のものが何でも買えるようにすると、円天売上を得ている業者も、わざわざ25%の日本円と交換してその日本円を使う人(企業・法人・団体・個人)は居るでしょうか。

円天で何でも、円=円天で手に入る!・・・というのに、日本円という本通貨Ⓐを使う人が居るでしょうか。

「会」には、日本円という本通貨Ⓐが貯まる一方となり、円天だけが出廻る日本社会が出来上がってきます。

このような社会へと持っていく為には、少なくとも100万人以上のメンバーが出来ないことには、一流メーカーも円天市場へは参加して来ないのです。大手メーカーは、大量に売れる相手である大問屋とか、ディスカウントチェーン店本部へは、上代価格の10%前後の日本円で卸しているのです。

大量販売が可能なら、25%卸の「会」とも喜んで取引をします。ところが、円天は先ず上代価格で受取れるのです。
この受取った円天が、日本円と同じように使える!・・・ということは、今迄の卸先よりも90%も儲かるということです。

ここに、円天理論が生かされていることに気付かれた読者は、どれほど居られるでしょうか。

お金というものは、欲しいもの、必要なものが取引できるから価値があるのです。
ところが、
この取引されている全てのものは、本通貨Ⓐで作られたものではない!・・・と言っているのが、神仏の啓示であります。

欲しいもの、好きなもの、必要なものが、手に入るなら、どこの国の本通貨Ⓐでもいいし、円天でもいい、ということです。

人々は、その中で自分にとって一番「得」なお金を使うようになります。そして一番「得」なお金を儲ける気になるわけです。

この理屈に共鳴いただけるでしょうか。

この中から、メンバーが誕生してくることになります。

このメンバーを増やす方法として、「5Dシステム」か「4Dシステム」を採用したのです。
メンバーの紹介が無いと、メンバーにはなれないのです。

紹介は、国境を越えて、世界諸国にできます。この紹介の便を引受けるのは、世界各国に設置される円天普及会の役割となるのです。

どこの国でも、或る程度のメンバー数が出来上るまで予約制を取ります。

Mコードbフ取得には、1万円の日本円が必要ですが、「会」では、各国の本通貨Ⓐと日本円との交換レートを決めて、このレートによって、その国の本通貨Ⓐでも、Mコードb取得できるようにします。

従って、その国の円天市場では、その国の本通貨Ⓐと、交換レートに順じた円天での2重通貨となります。その国のMコードbフ持主は、本通貨Ⓐでも、円天でも、「得」な方を使って取引しますが、当然、円天を使う方が「得」に決まっているのです。

為替レートの半額で取引をしているのと同じことだからです。また、折角売り上げて手に入れた円天を25%の日本円に換金して、その日本円を一般レートの交換レートで、その国の本通貨Ⓐと交換してから使う人など、誰も居なくなるのです。

どこの国でも、円天のまま使うようになるのです。円天の不足したメンバーは、その国の本通貨Ⓐを「会」に持って来て、固定された交換レートの2倍の円天を入手して、取引をするようになってきます。

かくて、円天は、世界の共通の通貨の役割を果たすようになり、Mコードbフ持主は円天口座に貯まった円天で世界中を旅行することも、好きな国に住むことも可能となるのです。

特に、日本の「会」のMコードbフ持主には、筋の関係から、1/2ボーナスが入り続けるようになってくるのです。

判り難い人は、村松良廣君とその仲間から、説明を受けて下さい。村松良廣君には、これから仲間が増え続けていくのです。


2011年 2月24日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第86回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる