円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第84回

<<   作成日時 : 2011/05/14 08:39   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

< 1万円の使い道 > その2

人間というものは、自分がこの人と付き合ったら自分が得になる!・・・と考えられる人とは、仲よく出来るように近寄っていくものです。反対に、この人と付き合っていると、自分が損をする!・・・と考えると、もう近寄ってはいかないのです。

村松良廣君に、お金の匂いがプンプンしてくると、自然に、沢山の人が近づいてきます。これは、円天普及会にも言えることです。勿論、円天・波和二にも当て嵌まることですが、本人は東京拘置所ですから、余程のメリットを感じないと、中々面会には来ないのです。

世の中とは、所詮、このようなものです。

円天理論とは、国家単位で行うものと、民間企業でもやれるものの、2通りがあります。
いずれの方法をとっても、本通貨Ⓐが集まってくるように出来ているものです。

この事は、このブログの中で順次解説していくことになります。
村松良廣君に「教える」ことでありますし、それをブログの読者も一緒に学んで下さい。但し、円天理論の反論者がいくら読んでも効果が出てくるものとは違います。

新しい理論は、共鳴者同志の行動によってこの世に「結果」として具現するもので、反論者からは、如何なるものも、「結果」が出て来ないのです。

円天理論も、その例外では無く、反論者には、その結果を見せぬことには、決着が付かぬわけです。

日本のマスコミの担当記者とか、警・検・裁の担当諸官、民事裁判を行っている弁護団とか、原告といった反論者には、「結果」を見せる以外にはないのです。

「円天理論などと、口に出すことすら憚られる荒唐無稽の云々!」・・・という判決には言論や議論では通用しないのです。
現実に円天理論の共鳴者であるDの数が世界各国に輩出してくる状態とか、円天・円天市場を支持するメンバーが増加してくる「結果」を示しながら、円天理論の本の売上が、1,000億円とか、2,000億円を超える現象を見せれば、円天・波和二がリーダーとなって率いてきたL&Gグループがやっていた円天・円天市場をもって、「組織詐欺!」と決め付けた判決は、自ずと氷解していくことになります。

その時期は、2015年にはやって来るのです。

この頃までには、円天・円天市場に参加するメンバーの数も、日本でも数百万人を越え、世界では1億人は越えていることでありましょう。

これだけの共鳴者が増えて来れば、「教える」仕事も増えて、東京拘置所では不便となります。
共鳴者の声が高まり、日本国家も、円天・波和二を少なくとも「保釈」で出さざるを得なくなってくるのです。

2012年には、このブログも、何十万人からの共鳴者が、読んでいることでありましょう。
円天・円天市場のメンバーの予約も限りなく100万人に近づいている筈です。

「この世の中で、本通貨Ⓐの値段を付けて取引をしている全てのものは、素材と人間の能力で作られたものばかりで、本通貨Ⓐで作られたものではない!」

恐らく、現在の人間で、これだけの言葉を吐ける人は居ない筈です。だから、これは神仏の啓示であろうと、円天・波和二は受取っているのです。

この言葉を肯定したからこそ、円天理論が誕生し、国家がやらぬのなら、先ず民間企業で、円天・円天市場のメンバーを作って、世界規模で展開していこうというのです。

正体を知ってしまえば、本通貨Ⓐなどは、1万円の投資集団で、いくらでも儲けることができるのです。
然も、村松良廣君をこのグループの現役リーダーにして、円天・波和二が「教える」ことによって、この世に具現してくるのです。


2011年 2月24日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第84回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる