円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第83回

<<   作成日時 : 2011/05/13 09:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

< 1万円の使い道 > その1

1万円のお金をどう使っているのでしょうか?・・・と質問すれば、実に様々の答えが出ることでありましょう。

1万円で柿の種を買って植えておくと、8年経つと、実が成って、その実を売ってお金儲けができます!・・・という話にどれほどの人が、1万円を投資するでしょうか。

円天理論の本を読んで、共鳴した人が、8万円ボーナスと1/2ボーナスの話を知ると、1万円を出して、Dコードb取得する気になった人も現実に居るのです。

ただ、1人のDが5冊の本より持っていませんから、円天理論の本を読んでいる人は、圧倒的に少ない人数であることは、間違いありません。

成功報酬とはいえ、まず8万円がDになった時点で確定しているのです。

下一段が出来る度に、4万円が1/2ボーナスとして入ってきますから、定員5Dまで出来ると、下一段から20万円が確定ボーナスとなっているのです。

その上、日本国では、先着5000名のDに「ロイヤリティ配当」が、2254万円確定しているのですから、1万円位なら、Dコードb取っておく気になる人はいくらでも、探せば居るのです。

1000万人のDが出来るまで、そのチャンスはあるのですから、Dになった人なら、まず下一段5Dの定員だけは作っておこうという気になります。

どのDのコードbノも上一段Dコードbフ持主が居ます。この上一段Dが、力が余っていれば、自分の系列下の各下段Dの数を増やすことになりますから、これ等の人々の力によって、自分の下一段Dが埋まっていくことも考えられます。

8万円ボーナスと1/2ボーナスのことが分かれば、自分の下一段定員5Dの他に、下二段・下三段の空きがあるところを埋める行動が起ってくるのです。

今は始まったばかりですから、8万円ボーナスと1/2ボーナス、そしてロイヤリティ配当の専門知識の豊富に持っているDコードbフ持主は少ないのですが、段々と密度が濃くなってくるのは時間の経過と共に目撃・体感するようになってくるのです。

やがて、円天普及会によって、世界各国のDの募集定員が発表され、その予約販売が開始されます。

何処の国のDコードb入手しても、8万円ボーナスと1/2ボーナスの受取条件は同じです。ブログの読者は、興味のある国のDコードb取得することになりますが、どこの国のDコードbノも、「下一段登録申請書」が必要です。

これを入手出来ない事にはDコードb燗手できないのです。

円天・波和二と、そのパートナーの村松良廣君は、世界に円天理論の本を売るのが仕事です。

Dが1名誕生する度に、5冊の本が売れ、その売上金が1万円円天普及会に入ってくるのですから、資金さえ続けば、先ず自分が1万円を出して、その国の第一号Dとしてスタートするチャンスが、円天・波和二の同意を取ることによって生まれるのです。

著作者である波和二の同意を得てないと、その国の「使用料」をDコードbノ配当することができないからです。
1万円の投資といっても、207カ国全部のDコードb取得するには、207万円の日本円が要りますから、その資金を村松良廣君は、どうして調達するのか!・・・ということです。

下一段は、国家の規模によって、5Dシステムと4Dシステムに分かれます。5人又は4人より、村松良廣君も下一段Dは作れないのです。

8万円ボーナスと1/2ボーナスの専門知識を持つ人なら、誰でも村松良廣の、4人又は5人の下一段Dになりたいのですから、これ等の人々の中から、出世払いで、1万円を借りようと思えば、誰でも1万円位なら貸してくれる筈です。

円天普及会の本の売上の50%は、村松良廣君は営業費として自由に使えるのですから、その中から借りて、1万円を返す事も出来るのです。どれだけの国から、Dコードbフ予約を取っていくかは、村松良廣君の器量次第となります。


2011年 2月24日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第83回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる