円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第64回

<<   作成日時 : 2011/04/24 09:15   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

< 円天普及会と円天市場 >

「円=円天」の条件で、円天市場を作りますといってもL&Gのように円天普及会が店舗を構えたり、商品を仕入れたりするわけではありません。円天は、25%の日本円と換金しますよ!・・・といって、インターネットや一般市場で円天を通用するようにしていくのです。

25%の日本円の卸なら採算の合うメーカーはいくらでもあるのです。

円=円天の条件で売る!ということは、わざわざ25%に減ってしまう円に換えて、その円を使うよりも、100%のままで、円と同じように使えるのであれば、換金して使うよりも、4倍も得なわけです。要は、円天を入手した人が、円天で日本円並みに、欲しいもの・必要なものが手に入ればいいのです。

これは、円天を扱う業種を拡げていけば、自然にそうなってくるわけです。

韓国の人は、ウォンと円の両方で売っていれば、得な方で買います。為替レートが左右します。日本に来た時、日本の商品を沢山買っていくという事は、韓国では日本円で売っていないからです。

法律の問題もあるからですが、円天はフリーです。日本の円と同じ値段で売っていれば、ウォンを円と同じ交換率を使って円天に変えるのですが、この時、2倍の円天を貰える、ということは2倍の日本円を貰ったのと同じことなのです。

世界諸国でも同じ現象が起るのです。
交換レートが2倍得することになります。

まして、1/2ボーナスで円天を手に入れている人なら、円天で買います。
円天で売った業者が、自分の欲しいものが円天で買えるのに、わざわざ25%の日本円と交換して、その日本円を自国の本通貨Ⓐと両替して、その本通貨Ⓐを使う人など居ないのです。

円天会員の数が増えていくと、日本円を基軸通貨として、固定為替相場制が復活することになります。

然も、最初にその国の本通貨Ⓐと日本円との交換レートを決定しておいて、2倍の円天を発行するのですから、円天会員は自国の本通貨Ⓐを円天普及会に持込み、円天を買って、それで使う生活となりますから、円天普及会は、その国の円天を売上げた業者が本通貨Ⓐに換金に来なければ、その国の本通貨Ⓐは貯まる一方となってきます。

207カ国が同様の現象を起こし出すのです。そこに、Dの働きによって、その国の円天理論の本が、有権者に広く読まれるようになってくるわけです。

この円天が、自国で円天理論を採用すると、本通貨Ⓐを持って、円天株と交換すると生涯同額の円天を貰える!・・・という事は、円天会員による円天を体感・目撃したことによって、その国の有権者は、より鮮明になってくるのです。

Dコードb所有している人なら、当然円天会員のコードb熄蒲Lしている筈です。
どちらの世界が起っても、損をすることはあり得ないのです。


2011年2月19日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第64回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる