円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第50回

<<   作成日時 : 2011/04/10 09:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

< エコポイントと100%ポイント >

日本円を使って、買物をすると、エコポイントを付けます!・・・と売ったのですが、このエコポイントを100%付けたら、もっと凄いことが起っていたことを、想定する事は出来ると思います。

新企画とは、日本円で買物をすると、100%のポイントを付けるというものです。
ただし、欲しいものをいきなり日本円で買うのではなく、「円天市場で、まず日本円を同額の円天と交換して、その円天を使って買物をすると、同額の円天を差上げます!」・・・というわけです。

判り易く言えば、1万円で円天を買うと、2万円天が貰えて、円=円天の条件で買物ができる!・・・というものです。
この円天が通用するところを、「円天市場」と呼ぶのです。このような円天が通用する「円天市場」を世界中に作っていくのです。

世界207ヶ国に出現することになる円天普及会が、この円天市場を作っていくのです。

先ず、日本の円天普及会が、日本国内で円天市場を作って、その手本を示すことになります。
円天会員(仮称)を日本発でスタートしていきます。
その円天会員を増やすのに、日本のDコードbフ持主の力を借りることになります。

円天会員は世界規模で作られていくのですが、例えば中国の円天会員は、ものを買う時は、まず人民元を日本円換算して、円天市場で、日本円で2倍の円天を買います。

その円天で、円天市場(円天取扱店)で欲しいものを買うのです。一旦、日本円に換算して、2倍の円天を買う!・・・のですから、世界中が日本円のレートで動くことになります。どこまでも円=円天なのです。

この世界の人々を、「4Dシステム」のノウハウで全員を、円天会員にしていくのですが、その時、1人の会員が下一段会員を4人まで作れる!・・・のです。
国境を超えても、その手続は、その国の円天普及会が担当することになります。

円天普及会の進出費用は、その国の円天理論の本を販売した利益を充当していきます。1万人のDが誕生するという事は、1億円の売り上げです。この中の50%は営業費に使用できるのです。

1万人のDが出来た!・・・という事は、これでDの数が止まるわけではありませんので、現地人もDコードbノ連結されていく可能性も当然でてくるわけです。

今日は2月17日ですが、ブログの方は4月10日です。下一段5Dの定員を達成した人が相当数出来ている筈です。
円天普及会の村松良廣君と連絡を取ると、この円天会員の「4Dシステム理想図」を入手できる筈です。
当然、村松良廣君は、これを解説できるようになっている筈ですからお互いに話合ってみて下さい。

円天会員になるには、入会金が1万円必要ですが、この入会金に対しても、1万円天が入会者に入ります。円天市場で1万円分の買物ができるわけです。

上一段には、1/2ボーナスが発生します。それは、1万円の1/2の5,000円天です。
結局、上一段会員には、下一段会員に入った1/2ボーナスの1/2が入ることになります。

「4Dシステム理想図」は、円天会員の支払う入会金からだけでも、0段会員にどれ位の円天ボーナスが入るかを表現したものです。

0段会員が下一段4会員を作ると定員です。これが、日本発で世界69億人と連結していくのです。そこに、ロマンを感じませんか。

お金を使う世界の人々は、そのまま自国のお金で使った方が得か、それとも円天を使った方が得かを考えて、得だと思う方を使うのですが、「円天を使った方が得に決まっているのです」・・・日本円で円天を購入する度に使った日本円の1/2が上一段に入るのです。

ボーナスを受取った下一段の上一段には、1/2ボーナスが入るのです。この事は、Dコードbナ学習済みの筈です。


2011年2月17日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第50回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる