円 天 /波 和二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物心両面教」 第21回

<<   作成日時 : 2011/03/12 08:20   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

< 分析心理学者の証言 > 

「頭の中に、天然色を帯び、立体感を持ち、活き活きと動きだすようになったものは、時間の問題で、必ずこの世の中に具現する!」・・・という言葉がありますが、これを否定する人は居ないでしょう。

円天・波和二の頭の中には、2015年までに、1,000億円や2,000億円位は儲けて見せる!といっている言葉を裏付ける絵が鮮明にあるわけです。

肉体は、東京拘置所の中に拘禁されていても、円天理論の本を売る位の仕事ならいくらでも出来るのです。「D」の定員は、日本国内で全部売ってしまっても構わないのです。

その国に住む有権者は、「D」からのボーナスは貰わなくても、自分の国が円天理論に書いてあるような「@円天株の販売」と「A円天専業員の雇用」をやってくれるのなら、大歓迎する筈です。

この円天理論の本を無料配布する資金を「D」から調達したわけです。

「D」の方々は、日本の下一段を作る仕事が終わりましたが、世界に残っている206カ国の「下一段」の「D」を作る仕事があるのです。世界各国の「D」の「元株」を購入する資金位は、日本で円天理論の本が売れ始めると、いくらでも貸してあげられます。

各国の5Dシステム理想図を作って、各担当「D」にその資料を持たせて、日本国内でいくらでも「D」を作ることができる!・・・という事をお気付きですか。

2012年は、日本国内で各国の「D」を募集して、2013年頃から実際に行動を開始しても遅いことはないのです。
この頃には、日本の円天普及会にも優秀な人材が集まり、各国にふさわしい円天理論を作り出す事でありましょう。

企業・法人・団体・国籍・年令・性別を問わず、世界各国の任意の「D」という「元株」を売りに出すのです。1人の「D」について、5冊の本が売れていくのです。

1億人の「D」が世界中で出来ると、1兆円の売り上げです。5,000億円を営業費に使っても、5,000億円は、著作権者の波和二が自由に使えるお金です。

1億人位の「D」を作るのに、2015年までも掛るという事は、あり得ないのです。

2011年1月1日より、書籍販売の会社、然も円天理論1種類の単行本を売る会社が村松良廣君をパートナーにして動き始めたのです。彼の本業は本の販売にあるわけです。

1万人の「D」が出来たという事は、1万人の共鳴者が誕生したということです。5万冊の本が売れたということです。1億円の売上があった、という事です。営業費に5,000万円は使えるということです。

これからは、「D」の共鳴者が増えていく状態を、リアルタイムで「ソフト」で見る事が出来ます。勿論、日本のマスコミも警・検・裁の諸官も見る事ができます。

L&Gグループを詐欺師呼ばわりしている弁護士グループも見る事ができます。

L&Gグループの方々も、この組織図を見ていて下さい。「D」の数の1つについて、1万円が日本の円天普及会に入ってきている証拠です。2月7日現在は、108人の「D」の数ですから、108万円です。

円天・波和二が誕生日を迎える5月19日には、何人の「D」に増えているでしょうか。78才に入るわけです。

2000万人位の「D」になりますと、L&Gグループの人々には、お金を返してあげることができます。但し、裁判を仕掛けている人は、裁判を通して取り返して下さい。

「D」になりたくなってきた人は、すでに「D」になっている誰かから「下一段登録申請書」を手に入れて下さい。


2011年 2月10日
もう一人の自分と波和二

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物心両面教」 第21回 円 天 /波 和二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる